横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科


リハビリテーション科
横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科


 


【当院のリハビリテーション】

  当院のリハビリテーションは、厚労省認定の運動器リハビリテーション施設基準(U)を取得しており、国家資格を有した理学療法士による運動療法と同時に、最新鋭のリハビリテーション機器による物理療法も行っております。

 運動療法では理学療法士が医師の指示のもと、患者様一人ひとりに合わせた治療計画を立て、より自立した生活が送れるよう、実生活に即した内容の治療を心掛けて行っております。

 物理療法では、リハビリスタッフが医師の指示のもと、各種リハビリテーション機器を用いた治療のサポートを行っております。





最新鋭のリハビリテーション機器による物理療法と同時に、理学療法士によるマンツーマンの運動療法も行っております。

 


【以下のようなことでお困りでは?】

 

 

 □ 痛みを治したい。

 

 □ 「手術が必要」と言われたが、手術は受けたくない、受けられない。

 

 □ リハビリをもっと続けたい。

 

 □ 「年齢のせい」と言われたが何とかしたい。

 

 □ 自分に合ったトレーニング方法や運動方法を知りたい。

 

 □ 手術後、痛みが残っている。

 

 □ ケガの無い体を作りたい。

 

 

1つでも当てはまる方は当院のリハビリを受けてみませんか?

 

(※リハビリを受けるには当院の医師による診断が必要です)

 



【理学療法士とは】

 

 理学療法士とは、身体に何らかの障害を持つことによって日常生活に支障を来たしている人に対し、その基本動作を行なう能力の回復と維持、さらには障害の悪化を予防するための運動療法や日常生活動作訓練を行なうスペシャリストです。

 
【治療内容】
 
◆ 運動療法

 

 理学療法士による治療で、実際には、関節可動域訓練や筋力強化訓練、姿勢矯正用鏡や平行棒を用いた歩行訓練など、残存機能の強化を主に行なっております。

 同時に家庭でのリハビリテーションの指導や治療効果の判定などもマンツーマンで行っており、しっかりとした治療計画のもと患者様一人ひとりがより自立した生活を送れるよう、実生活に即した治療を心掛けております。

(運動療法の実際)

@ 運動器の疼痛や機能障害に対する治療

 さまざまな原因によって生じる腰痛、肩こり、関節の疼痛や拘縮、筋力低下などの運動器の障害による整形外科疾患に対し、不良姿勢の矯正指導や筋力強化、関節可動域訓練などを行い日常生活への早期復帰を目指します。

A 運動器不安定症に対する治療

 「運動器不安定症」とは、 高齢化により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態をいいます。 転倒による骨折のため、時に「寝たきり」などの重大な障害と後遺症を招いてしまう可能性の高い深刻な病態です。こういった問題を未然に防ぐために理学療法士が一人ひとりの患者様にマンツーマンで向き合い、個々に合ったメニューでの運動療法を行っています。さらに日常生活における注意点なども丁寧にご指導致します。

B 術後リハビリテーション

 整形外科手術は、術後のリハビリが不十分なために、その治療効果が十分に得られなくなることが少なくありません。したがって、術後リハビリテーションは手術と同じくらいに大切なものとして位置付けられています。術後関節拘縮の予防、筋力の回復および強化、除痛などを目的として術後早期のうちに運動療法を行うことが大切です。

C その他

 その他に、理学療法士は松葉杖歩行練習や捻挫や靭帯損傷に対するテーピング固定の指導を行い、怪我の再発予防に努めます。さらにスポーツに対するトレーニング指導、日常生活が困難な患者様に有効な補助具や家庭内環境整備に関するアドバイスなども行っております。

 

◆ 物理療法
 

 医師の診断により、患者様一人ひとりの症状・病態の改善に必要な物理療法機器をそれぞれに選択し、その指示のもとにリハビリスタッフが患者様の治療のサポートを行っております。

 当院では電動牽引装置、近赤外線装置、低周波、干渉波、マイクロ波、温熱療法(温水浴・バラフィン浴・ホットパック)、アイシングマシーン、ウオーターベット、レーザー治療器、四頭筋訓練器、上肢交互運動器など、最新鋭のリハビリテーション、リラクリゼーション機器を取り揃えております。

 


【リハビリ風景】

 

 

理学療法士の紹介】

 

 

  

リハビリテーション科 部長

 

医学博士/理学療法士

 

前田 慎太郎

(まえだ しんたろう)

 

 

【取得資格】

 

 2000年 国家資格 理学療法士免許取得

 

 2012年 昭和大学 医学部 医学研究科(第一解剖 

                  学教室)卒業、医学博士取得

 

【ひと言】

 

病院、スポーツ&膝関節センター、訪問看護ステーション、整形外科クリニックを経て、2018年2月より吉野整形外科で勤務することとなりました。皆さまのご希望にお応えできるよう、真心こめたリハビリを提供いたします。お気軽にお声掛けください。

 

 

所属学会・論文発表学会

□ JOSKAS (日本膝関節学会・日本関節鏡学会)

日本バイオメカニクス学会

日本整形外科スポーツ医学会

日本臨床スポーツ医学会

日本運動器リハビリテーション学会

昭和医学会

日本理学療法学会

Acta Histochemica et Cytochemica

学会賞、Award

 

 

2006年 日本膝関節学会 年間最優秀論文賞(廣畑賞)受賞(2nd author)

□ 日本膝関節学会 学会賞ノミネート(1st author)

紳士録 (Who's Who in the world)に掲載

日本臨床スポーツ医学会学会賞受賞(共同演者)

著書

膝前十字靭帯(ACL)損傷理学療法診療ガイドライン(共著)

ACL再建術後のリハビリテーションの科学的基礎(共著)

ひざの痛み 変形性膝関節症 主婦の友社(共著)

膝前十字靭帯(ACL)損傷理学療法診療ガイドラインQ&A

変形性膝関節症の痛みを治す4週間プログラム 主婦の友社(共著)

変形性膝関節症の痛みを治す4週間プログラム(台湾語)主婦の友社(共著)

 

 

  

 

 

理学療法士

 

西巻 光二

(にしまき こうじ)

 

【取得資格】

 

 2018年 国家資格 理学療法士免許取得

 

 

 

【ひと言】

 

皆さん、はじめまして。理学療法士の西巻光二です。


スポーツジム、某プロ野球球団のリトルシニアチームでメディカルスタッフ兼アシスタントコーチの勤務を経て2018年5月より吉野整形外科で勤務することになりました。

皆さまの言葉に耳を傾け寄り添ったリハビリを提供いたします。
また、自らの野球の経験を通してスポーツ、投球障害などに悩んでいる方々により良いフォーム、練習方法などのサポートを行います。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。

 

 

 

【将来の目標】

 

将来はNPB(日本プロ野球機構)でトレーナーとして勤務することが目標です。

 

 

 

 

【訪問リハビリテーション】
 
 
 当院は、介護保険法の規定にもとづき、神奈川県の介護保険事業所に指定されており(指定番号141024719号)、通院困難な患者様のために、理学療法士が直接自宅に訪問しリハビリを行う、訪問リハビリテーション、介護予防訪問リハビリテーション等のサービスも行っております。 (詳しくは訪問リハ担当係、前田まで。)




 

 

横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科

TEL.045-431-0111
JR横浜線大口駅徒歩1分
院長 吉野匠

(日本整形外科学会認定専門医)

Email:info@yoshino-seikei.jp

神奈川県横浜市神奈川区大口通56-5
大口メディカルセンター1階

TOPページ][当院の紹介][院長の紹介][診療場所・時間][お問い合わせ][職員募集案内
足の専門外来][リウマチ・膠原病外来][手の外科専門外来][脊椎外来][ペインクリニック][装具外来
外反母趾][腰痛性疾患][関節リウマチ][骨粗鬆症][サイトマップ



横浜の整形外科、吉野整形外科
Yoshino Orthopedic Clinic (c) 2005-2008. all rights reserved.

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。